×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【棒銀一筋】加藤一二三の魅力【神武以来の天才】

[最終更新日:2005年4月19日]

幼少時代

92 名前: 名無し名人 04/11/10 16:10:46 ID:HaWcAeON
ひふみんが将棋を覚えた年齢とどういうきっかけで始めたのか、
それと奨励会入会までの勉強方法とか何かの本に書いてる?

神武以来の天才と呼ばれたひふみんの勉強方法が知りたい。
94 名前: 名無し名人 04/11/12 07:25:07 ID:FCnIPwMZ
>>92
将棋を覚えたきっかけまではわかりませんでしたが、少しだけ・・・・。

名人 加藤一二三著 「ジュニア版将棋入門」はしがきより引用

 私が将棋をおぼえたのは、六歳ぐらいのときでした。おぼえてからは夢中になって指していましたが、
それからしばらくたった小学校四年生のとき、大人の人たちの将棋大会に出て、ひどく負かされてしまいました。
そこではじめて強い人たちがたくさんいることに気づいたのです。
 それから、さっそく詰め将棋の本と定跡書を買ってきて勉強をはじめました。詰め将棋の本では好手・妙手があることを知り、
たいへん驚きました。定跡書を読んでからはそれまで勝てなかった人の戦法を打ち破れるようにもなりました。

とのことです。
おれもひふみん幼少期について知りたいので他に誰か詳しい情報を持ってる方がいたら提供してください。
95 名前: 名無し名人 04/11/12 09:19:26 ID:egVdVDyY
>>94
この大会で石田流に苦しめられたので定跡書で石田流破りを勉強とのことです
振り飛車破りは宿命なんですね
96 名前: 名無し名人 04/11/12 13:12:33 ID:NlsgpeIy
>>94
ありがとう。

小学校四年生で本格的に将棋を勉強して14歳で4段になるとは凄いなあ。
毎日何時間勉強してたんだろうか?
やはり強くなるには詰め将棋を解くことかぁ。
あんまり知られてないみたいだけど、ひふみんは観客の前で握り詰めを披露してたこともあったんだよね。

誰かひふみんの伝記を書いてくれないかなあ。


>>95
当時から振り飛車が天敵だったのかよw